広島市現代美術館

広島市現代美術館のnoteはじまります! 広島市現代美術館は2020年12月~2023年3月まで、改修工事のため休館中です。休館中発行するニュースレターや休館中の活動のレポートを掲載していきます。

広島市現代美術館

広島市現代美術館のnoteはじまります! 広島市現代美術館は2020年12月~2023年3月まで、改修工事のため休館中です。休館中発行するニュースレターや休館中の活動のレポートを掲載していきます。

    最近の記事

    美術は静かに無題さんに語りかける。#06 | Untitled Vol.7

    無題さんに話しかけてきたのは、広島のまちなかからやって来たワンピース。自分がどんな作品なのかを説明してくれるのだけど・・・?

    スキ
    4
      • ヒスロム「現場サテライト」レポート | Untitled Vol.7

        アーティスト・グループ「ヒスロム」が、広島市現代美術館の改修工事「現場」を舞台に展開するプロジェクト「現場サテライト」。ヒスロムのメンバーは、美術館が改修工事のために長期休館に入る前後から定期的に足を運び、姿を変える建物と関わるアクションを続けてきました。また、偶然たどり着いた山の中のパン屋さんの敷地をお借りして、改修工事の過程で出る廃材を用いた様々な実験も進行中。実験のための場として建設中の小屋は、ヒスロムがかつて京都で使っていたスタジオの廃材。建物と人とモノとが有機的に絡

        スキ
        3
        • 休館中ニュースレター Untitled Vol.7 PDF版

          広島市現代美術館の休館中の活動をお伝えするニュースレター「Untitled」のvol.7が完成しました。 今回の特集では、アーティスト・グループ「ヒスロム」が、美術館の改修工事「現場」を舞台に展開するプロジェクト「現場サテライト」の、約1年半にわたる活動の過程をレポートします。 また「お隣さん」インタビューでは、ヒスロムの活動にも深く関わっていただいている山奥のパン屋「山のパネテリエ」のはまむらたろうさんにお話を伺いました。 西島大介さんによるコレクション漫画、「美術は静か

          スキ
          3
          • トうインタビュー

            風や竜巻などの自然現象や、排泄といった生理現象に着目し制作を行う作家・トうによる展示「Oops!!」が広島駅南口地下広場のショーウィンドウで展開中。生物の排泄物の採取、観察に基づき制作された今作を中心に、その関心のありかや制作のプロセスについて伺いました。 ——トうさんはこれまでも、実際の生物の排泄物を型取りし、かたちはそのままに不自然な大きさに拡大したり、カラフルな色に着色して見せる作品を発表されてきました。まずは、今回モチーフとなったもの、そして本シリーズで最大のサイズ

            スキ
            2
            • 美術は静かに無題さんに語りかける。#05 | Untitled Vol.6

              休館中の美術館で「無題」さんが遭遇したのは、テーブルの上で湯気をたてるお茶。不思議な形のカップの正体は…? モナ・ハトゥム《T42 (gold)》1999年  二つのティーカップとソーサーが融け合うように、ひとつのオブジェが形づくられています。ハトゥムがこの作品について語る際、コンスタンティン・ブランクーシの《接吻》をしばしば引き合いに出すように(*)、本作は誰かと共にいることや親密さについて表現されたものだと捉えることができます。一方で、このカップを用いてとある二人が一緒

              スキ
              5
              • 「どこかで?ゲンビ 学校編」レポート | Untitled Vol.6

                美術館の所蔵作品が広島市内の学校にお出かけ 改修工事により2023年3月まで休館中の広島市現代美術館(ゲンビ)。その間、「どこかで?ゲンビ 学校編」として、ゲンビの所蔵作品が、市内の小中学校・高等学校に巡回している。「あなたとゲンビがふとであう」をテーマに、ショーウィンドウや文化施設をはじめ、町なかのさまざまな場所で展示を行う「どこかで?ゲンビ」プロジェクトの一環だ。2021年3月からスタートした「学校編」では、ゲンビの所蔵作品5点が、六つの学校で、それぞれ半年〜1年展示さ

                スキ
                2
                • 休館中ニュースレター Untitled Vol.6 PDF版

                  広島市現代美術館の休館中の活動をお伝えするニュースレター「Untitled」のvol.6が完成しました。リニューアル・オープンまであと1年となった今号より、体裁もリニューアルしてお送りします。 今回の特集は、「どこかで?ゲンビ 学校編」のレポートです。美術館の所蔵作品が広島市内の小中学校・高等学校に巡回する事業の一年目の様子をお伝えします。 広島で文化やまちづくり、平和に関連する活動をされている方にお話を伺う「お隣さん」インタビューでは、被爆樹の調査・保全に尽力されている樹

                  スキ
                  2
                  • 美術は静かに無題さんに語りかける。#04 | Untitled Vol.5

                    ゲンビの休館中キャラクター「無題」さんが遭遇したのは、日常でごくごく普通に用いられる日用品。彼らも実は作品の一部で・・・? 田中功起《everything is everything》2005-2006年   田中は2006年の台北ビエンナーレに参加した際、現地で手に入れた様々な日用品を用いて、短い映像を8本制作しました。映像の中で、マットレスは階段の上から落とされ、プラスチックコップは握りつぶされ、開いた傘はベッドの上にそっと置かれるなど、身の回りのモノが本来の用途とは異

                    スキ
                    6
                    • トヨダヒトシ・インタビュー | Untitled Vol.5

                      写真をプリントせず、35mmフィルムによるスライドショーのみで発表する異色の写真家・トヨダヒトシ。3月に広島で「映像日記/スライドショー」の上映を予定しているトヨダさんに、写真への疑いからスタートし、自らの写真表現を模索する中から「映像日記」にたどり着くまで、そして広島でのプロジェクトへの思いを伺いました。 ※オンラインは紙面版+αでお届けします 写真への違和感 高校生の頃、初めて写真というものを意識しました。何か強烈な出来事があったわけではないけれど、写真って、撮る人の視

                      スキ
                      7
                      • 休館中ニュースレター Untitled Vol.5 PDF版

                        広島市現代美術館の休館中の活動をお伝えするニュースレター「Untitled」のvol.5が完成しました。今回の特集は、3月に広島で「映像日記/スライドショー」の上映を予定しているトヨダさんに、写真との出会いから実際に写真を撮り始めるまで、そして「映像日記」が生まれるまでを中心にお話をうかがいました。おもては、トヨダさんの「映像日記/スライドショー」第一作である『An Elephant's Tail - ゾウノシッポ』より。 小特集では、1月8日から広島城でスタートした(現在

                        スキ
                        2
                        • 松本千里インタビュー

                          現在、ヱビデンギャラリーで行われている松本千里「星つぶの彼方」。元来は布を染めるための技法である「絞り」によって布のかたちを生みだし、ダイナミックなインスタレーションを制作する松本さんに染織の魅力、そして今回の作品に込めた思いなどを伺いました。 素材の豊かさと技法の奥深さ—染織との出会い 広島市立大学に入学後、課題の一つに染織があり、調べていく過程で、素材の豊かさと技法の奥深さに驚きました。日本の場合は、技法がそれぞれの地域で縦に発達しているというか、代々続いていくことでよ

                          スキ
                          7
                          • 丸橋光生インタビュー

                            現在、広島駅南口地下広場のショーウィンドウにおいて展開されている丸橋光生「I see 文字.」。視覚と認識をテーマに作品を制作する丸橋さんに、今回の新作を含む「イメージと文字」シリーズや、作品に登場する「夢」という言葉などについてお話を伺いました。 人の心理から「見る」経験へ 2014年ごろから「見ること」「認識すること」をテーマにした作品を制作し始めたように思います。それ以前はそこまで視覚や認識を意識することはありませんでしたが、一方で学生の頃から、なぜ自分はこんなことを

                            スキ
                            7
                            • 比治山の東側に広がる段原地区を訪ねました | Untitled Vol.4

                              比治山の陰になったことで原爆による壊滅的な被害を免れた段原には、昔ながらの路地が続く下町的な集落が残りました。しかし都市インフラの改善や防災上の観点から大規模再開発の対象となり、1970年代末から40年余りをかけて現在の新しい町に生まれ変わりました。そんな段原で地域の清掃から昔の様子をまとめた冊子づくりまで幅広い活動を行う「段原おやじの会」の会長の妻木真和さんと、事務局長の田尾正さんに、段原の昔と今、そしてこれからについてお話を伺いました。 ※オンライン版は紙面記事+αでお届

                              スキ
                              4
                              • 美術は静かに無題さんに語りかける。#03 | Untitled Vol.4

                                ゲンビの休館中キャラクター「無題」さんのもとに届いたのは・・・? 河原温《Today》1966-2013年   縦155cm×横226cmの大きな画面に、「1984年9月8日」という日付が白い文字で描かれています。絵画を描くその日(=「今日」)の日付が描かれたこの《SEPT. 8, 1984》は、《Today》と呼ばれるシリーズのうちの一点です。40年以上に渡るこの連作は、その日中に完成しなかった場合は破棄されるなど、厳格なルールのもとで継続されました。シリーズを通して大小

                                スキ
                                5
                                • 2m26 インタビュー | Untitled Vol.4

                                  8月28日、フランス出身のデザイン・ユニット「2m26」(メラニー・エレスバク、セバスチャン・ルノー)が休館中のゲンビのために制作した、「ツールボックス」がオンラインでお披露目されました。これまでも家具を路上に持ち出すパフォーマンスによる公共空間への柔らかな介入など、デザインの枠を超えた活動を展開してきた2m26が、ゲンビのツールボックスに込めた思いとは?デザインを通じて多様なつながりを生み出す2m26の手法について伺いました。 日本に居を構えるまで  最初に日本を訪れたの

                                  スキ
                                  6
                                  • 休館中ニュースレター Untitled Vol.4 PDF版

                                    広島市現代美術館の休館中の活動をお伝えするニュースレター「Untitled」のvol.4が完成しました。表紙は、2m26(メラニー・エレスバク、セバスチャン・ルノー)による「ツールボックス」です。休館中、ゲンビが外に出かけてワークショップを行うためにデザインされた家形のツールボックス。特集では、8月に行ったお披露目での写真や、ツールボックスに込められた二人の思考を紹介しています。 小特集では、現代美術館のある比治山の東側、段原を訪れました。昔ながらの路地が続く下町的な集落から

                                    スキ
                                    3