見出し画像

2m26「ツールボックス・プロジェクト」レポート | Untitled Vol.8

広島市現代美術館

広島市現代美術館(ゲンビ)の休館中の館外活動のため、デザイン・ユニット2m26(メラニー・エレスバク、セバスチャン・ルノー)が制作した可動式のワークショップ・ステーション「ツールボックス」。日本の伝統的木造建築のような美しい佇まいと、そこにあるだけで場所の空気を変えてしまう存在感は、ワークショップに参加した方々だけでなく、通りすがりに目にされた方々の印象にも残っているのではないでしょうか。
今号では、広島市内の様々な場所で、2m26と一緒に、あるいはゲンビのスタッフが行った「ツールボックス・プロジェクト」ワークショップの様子をレポートします。

・今後の予定
ゲンビの「ツールボックス」を使ってみたら、楽しい工作ができる(かも)ワークショップ
日時|2022年11月5日(土)10:00~16:00
会場|広島県立美術館 エントランス
参加費|無料
※雨天時はロビーで実施
-----
10月29日(土)から広島県立美術館でスタートした「広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画 ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」の関連イベントとして、ツールボックスが登場します。ゲンビとケンビの素材を使った簡単な工作をお楽しみいただけます。
開催時間中に気軽にご参加ください。


「ツールボックス・プロジェクト」についての、2m26のインタビューは「Untitled Vol.4」をご覧ください。

記事内に登場する各イベント&ワークショップの詳細はこちら
2021年8月28日(土)ツールボックス納品セレモニー

2021年10月24日(日)2m26と!ベンチづくりと散歩編

2022年3月19日(土)ゲンビと!紙やチラシでチョーあそぶ編

2022年7月23日(土)・24日(日)2m26と!八丁堀にチョーばりでっかいテーブルをつくる編

2022年8月27日(土)ゲンビと!ツカノマの素材から自分だけのオリジナル・グッズをつくる編

2022年7月25日(月)〜10月31日(月)2m26のでっかいテーブルとイスがツカノマテラスに

ツカノマテラスは、広島市でまちづくりに取り組む「カミハチキテル-HEART OF HIROSHIMA-」が行う社会実験の一環として作られた期間限定の公共空間(7月25日〜10月31日)。ウッドデッキの上に2m26によるテーブルとイスが置かれ、日替わりでコーヒースタンドや飲食屋台、ハンドメイドグッズのお店などが登場し、ビルが立ち並ぶ広島の中心部に居心地のよいくつろぎの場を生み出しました。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!